とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
ペットボトルがペットボトルに再生されない話ってご存知ですか?

どこかの席で聞いた話です。

事情を知らない私は、単純にペットボトルってペットボトルからリサイクルして作れるんではないの?って思ったりするのですが、実情はそうでは無いようです。

技術的には再生は可能らしいです。では、なぜ再生しないかというと、口をつけるものだから再生しないとか訳の分からない論理だそうです。業者が言っているのではなく、メーカー側が拒絶しているらしいです。

そんな話を聞くと、それってどうよ?って思います。
日々使われ、日々消費され、日々捨てられるペットボトル達。回収されて他の物にリサイクルされているとは言え、常に石油を消費し生成されているのは、なんともおかしな話ですよね。

挙句、回収されても再生されずに埋め立てられた物を、某中●の人達が根こそぎ持っていっているらしいです^^;何に利用するか知りませんが、なんのかんの言って日本も大して状況が進んでいるようでもなさそうですよね。

何もしないより、何かをするのは大事なこと。
でも、そもそも再利用だとか云々より、どうやったらゴミが減らせられるかっていう自分たちの生活スタイルにメスを入れる方が先のような気がします。その上で、どうしても出てしまうゴミを再利用するかをみんなで考えていく方がいいような気がします。

でも、実際問題なかなか難しいんでしょうね^^;

Blogランキングに参加中。気が向いたら、
左の画像をクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

ペットボトルの再生については、いろいろと問題があります。国内で、再生工場をさかんに作っていたころは、処理費を回収業者から頂いてフリース等に再生していました。
しかし、アジアの国がお金を払って持って帰っていくようになりました。
そうなると、国内の再生工場は採算が合わないようになり、閉鎖に追い込まれる工場もでてきました。

結局、ペットボトル、フリースの原料をアジアの国から買うことになっています。

へんな話ですけど・・・
  1. 2007/02/22(木) 17:18 |
  2. URL |
  3. たろう #-
  4. [ 編集]

結局!!

リサイクルしたらええってもんではなくて、一番にリユースを考えなければいけません!!繰り返し使えるシステムはペットボトルに限らず必要です。リサイクルはその後の話です。
ドイツはペットボトルを何度も使います。なのでペットボトルは日本のものより丈夫に出来ています。商品を購入する際にペットボトル分が上乗せされます。回収に出せばそのお金は戻ります。こうする事によってペットボトルが大切に使用されスムーズな回収に役立つそうです(1.8Lとかの話として聞いたことがあります)
京都議定書がどうのこうのと言っている間に、国で基準を決めてペットボトルを使用する全てのメーカーで実施して頂きたいです。日本は500のボトルがネックになっているそうですが・・・

めっちゃ長くてすみません。エコロジーには関心があるもので・・・
  1. 2007/02/22(木) 19:08 |
  2. URL |
  3. 8ぴょん #27yV6T5o
  4. [ 編集]

Re:ペットボトル

たろうさま>>貴重な情報ありがとうございます。そういう事情もあるとは知りませんでした。しかし、自分達がだしたゴミを他の国が買い取って、それによって生成された資材を買っているって、ほんとお馬鹿な話ですよね^^;日本って結構、ぼけぼけですよね。

8ぴょんさま>>力作ありがとうございます。効率を考えなければ過去あったガラス瓶でも十分なのですけどね。でも、ドイツの発想はそれに近いもので、かつ効率もよさそうですよね。ま、日本も良いものをどんどん学ぶべきですよね。

  1. 2007/02/22(木) 23:34 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/1285-628ddb07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。