とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
天牛ビル。




私がお世話になっている会社が入っているビルなのですが、同僚数名の間で安藤忠雄氏設計なんじゃ?という疑惑が浮上しています。

同僚曰く、
 1.安藤忠雄氏が20歳の時、道頓堀の天牛書店でル・コルビュジェの
   作品集を手に入れた事。
 2.打ち放しコンクリートの外壁。
 3.中央に配置された螺旋階段を覆う、ガラスの幾何学的デザイン。
 4.なんとなく雰囲気でそうなのでは?^^;

などなどから、グレート安藤氏設計だと思うのだと。

私は、その辺全然興味がないし^^;、何よりセンスがないからさっぱり分かりません。

どなたか鑑定、よろしくお願いいたします。
ちなみに、私はそうでない方に一票です^^;。

Blogランキングに参加中。気が向いたら、
左の画像をクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

ううむ・・・

1・2はともかく、3・4は微妙ですね。
むしろ、私自身としては、

5.メインの部分に曲面形状のガラスブロックを用いている例を知らない。
6.メインの階段に鉄骨の螺旋階段を使用している例を見た事がない。(氏は階段も打ち放しコンクリートで作っている場合がほとんどです)
7.打ち放しコンクリートに原色の赤の組み合わせている例を見た事がない。
8.打ち放しコンクリートの目地とPコンの位置と開口部の位置が一致していない。
9.全体的に野暮ったく見える。

などにより、氏の設計によるものではないという方に一票入れさせてもらいます。(というわけで、誰の設計なのかはわからないです)
  1. 2007/04/05(木) 23:19 |
  2. URL |
  3. まっしゅ #tpO7sYCo
  4. [ 編集]

Re:天牛ビル

まっしゅさま>>考察ありがとうございます。ですよね、まったくの別人がチャレンジしたのでしょうね?^^;
  1. 2007/04/08(日) 09:46 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/1340-db23841d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。