とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/09
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ


御堂筋と千日前通りが交錯する、難波交差点脇で建設中の建物。
なかなか面白い形の建物。なにより、クレーンの台座が丁度いいように作られているのが面白いです。当然、台座は特注なんでしょうか?

この建物の傾斜はデザインというより、建蔽率の問題からこんな形なのでしょうか?

多分、駐車場?と思うのですが、
会社の同僚が、何の建物か教えてくれました。どうやら、パチンコやレストランなどの複合アミューズメント施設のようです。

前から見ると、



これまた変な感じです。ひょうたん?幾何学系デザイン?ま、何でも構いませんが、上の方は役にたたなそう^^;いったいどういう根拠でこんなデザインになったのでしょうね?

撮影:CASIO EX-P600
撮影モード:風景&人物
露出:1/125sec
露出補正:なし

Blogランキングに参加中。気が向いたら、
左の画像をクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

とある記事によれば「この街に固有のダイナミズムや活力との調和の表現を、ファサードデザインに取り入れた」と書かれています。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20070215/504717/
そして、聴くところによれば中央の8の字みたいな部分は「!」をモチーフにされているということです。

ちなみに建蔽率は建物の水平投影面積の敷地面積に対する割合ですから、壁が斜めになっているのは建蔽率には関係ないです。設計をしている高松伸建築設計事務所HP(http://www.takamatsu.co.jp/)のデータから計算すると約77.4%使っています。きっと建蔽率の上限が80%の地域なんだと思います。

高松伸という建築家は「まずデザインありき」というスタンスを貫いてられる方なので、法規に屈しているとあからさまに見える建物は作らないです。
この人は建物の使い勝手よりも、見た目の奇抜さを重視しているみたいです。けっこうこういう建築物は施工者泣かせなんですよね・・・工事がとっても難しい上に、工期と工費がアホみたいにかかるのです。
  1. 2007/05/12(土) 10:46 |
  2. URL |
  3. まっしゅ #tpO7sYCo
  4. [ 編集]

Re:駐車場?

まっしゅさま>>力作ありがとうございます。よく分かりました。なにより、デザインした人間まで調べていただくなんて!ありがとうございます。
  1. 2007/05/13(日) 19:09 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/1369-8146ffa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。