とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/08
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
大阪なんばには新歌舞伎座なるものがある。 歌舞伎座といっても、歌舞伎をやっているわけではない?です。主に、演歌歌手のコンサート&ショー等々が上演されています。歌舞伎、読んで字のごとく歌あり舞(踊り)あり・・・で間違いでもないでしょう。 前を通った事がある方ならご存知でしょうが、公演時間前ともなると年配の男女でごった返します。みんな相当楽しみにしているんでしょうね?中にはテンション上がりきっている、おばさまも見受けられます^^; で、公演は大体1ヶ月単位で変わります。2月は梅沢武雄劇団&前川清特別公演です。 この前たまたま新歌舞伎座前を通りかかったときたまたま写真の光景にでくわしました。 そう、劇団のトラックです。出し物で使用する大道具の搬入を行っていました。 この光景は月末の公演が休みの間に見れます。具体的に何時って決まってません。だから、たまたま見かけたときには来月はいい事あるかも?って勝手に良い様に考えてしまう私です^^; 月末、新歌舞伎座の前を通る時は注意してみましょう。見つけたら、いいことあるかも?^^; ←あなたのクリックでランキングが・・・
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/397-b5374128

美輪明宏全曲集

いきなり名曲「ヨイトマケの唄」から始まります。 僕の家は、父親が長い間働いておらず、母親が働いて家を切り持っていました。 ですから、「ヨイトマケの唄」をはじめた聴いたとき涙が止まりませんでした。 それと同時に母親に対する気持ちが自分の中で変わっていくのがわ
  1. 2007/10/29(月) 09:35 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。