とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
金八先生も回を重ねて、はや19回目。いよいよ佳境に入って来ました。 しゅうがらみの問題もピークを迎え、金八先生恒例?のスローモーションシーンの登場です。そう、しゅうが逮捕されました。。。覚せい剤の誘惑に負け、地元高校生より覚せい剤を購入・使用し、買った相手が警察に捕まり捜査の手が桜中学に、金八先生は職員に覚せい剤使用者がしゅうである事を告げ、一同ショックに・・・ 職員から速やかに警察に引き渡そうと勧めるも、金八先生はそれを拒否。その前に、最後の授業をさせてくれと・・・授業はそれはそれは衝撃かつ関心、そして考えさせられました。 途中、金八は自分のふがいなさを悔やむのですが、正直、私はこれまでになんでそこで気付かない?なんでましな対応ができない?と腹を立てたものですが、よくよく考えれば今いる先生達でそこまでの対応ができる人が何人いるか?とかどうにもできないだろう?とも思います。 描写の甘いとこも多々ありました(しゅうの症状がドラマに合わせて急激に進展してる事等)が、色んな意味で考えさせられ、そして、何かしら心にこみ上げてくるものがありました。 それを反映してか?視聴率はシリーズ中最高の15.7%で平均12%台のシリーズの中で頑張った方ではないでしょうか? 前から書いていますが、狩野伸太郎役の浜田岳君の演技は迫真でしたね。なんで?と言う感情を感じさせられたし、しゅうに問いただすとき顔を紅潮させ自然に涙が・・・あれは完全に役に入りきっていると思います。やっぱ、すごいわ。 次回のタイトルは”裏切られても生徒を信じる”。あと3回しかないですが、最後まで注目したいですね。 ←あなたのクリックでランキングが・・・
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

この回のあのスローモーションの描写ですが、金八ファンサイトなどではかなり物議を醸しているみたいですよ。つまり第二シリーズのアノ名場面を制作スタッフがやりたかっただけじゃないのかってね。
水谷修氏の講演を聴いていると「とてもいい少年少女」が悪い大人のせいで薬物中毒になるという類のストーリーが多いのですが、今回のしゅうのストーリーも水谷さんのそれに則って設定されているみたいですね。「こんなにいい子がなぜ?」みたいな感情を視聴者に植えつけて、今後の展開の中で「大人社会が作った薬物の悪」を描いていくのかなと個人的には思っています。
狩野伸太郎役の子、なかなかいいですね。今後とも期待できる逸材だと思います♪
  1. 2005/03/10(木) 21:41 |
  2. URL |
  3. まっしゅ #79D/WHSg
  4. [ 編集]

シリーズ2を知っている人間にとってはどうしてもだぶるんでしょうね?私は、始まってすぐにきっとそうなるんだろうなぁ?って予想してました^^;
タ???????A?????????????????????H??v????????????????A?????????`ハ?????????l???@???^????????????H
  1. 2005/03/11(金) 16:14 |
  2. URL |
  3. かさはら #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/470-6de8ba04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。