とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
昨日、ビジネスラボに通勤するときの電車(御堂筋線)の中央寄りの
ベンチシートの真ん中に区切りのための棒が設置された電車に乗った。

意図は、3・3の6人がけで座らせるためにしていると思いますが、
そうしないと座れない現実が嘆かわしいです。

私は、乗った駅始発の電車にて座るときや、真ん中が空いている時などは、
いすといすの区切り(縫い目)に沿うようにして座ります。
で、場合によっては両脇に座った人間に不快な顔
されます。多分、「詰めろよ!」という意思表示なのでしょうが?
それをすると1人分スペースが減ってしまい、座れない人間が増えるから
あえてそれはしません。1人でも多く座れるならみんなで我慢しようよと
思うのはおかしいのでしょうかねぇ?

優先座席を作らないと、お年寄りなどに席を譲れない、
女性専用車両を作らないと、不快な思いをする女性が増える、
区切りを作らないと、座れる人が減ってしまう、
降りる人間優先なのに、扉が開くなり飛び乗る人間、

それらを安直に改善するための、電鉄会社の苦肉の策の数々。
なにもかもが嘆かわしいです。

正直、その対象になる人間ってごく一部の人間なのでしょうが、
昨今それが以前より目に付くようになったのは、
どんどん世の中が悪くなってきているのでしょうか?
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/74-768481a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。