とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/10 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/12
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
皆さんご存知ですか?SAP。
日本語で、新世界アーツパーク。内容は後で説明しますが、
新世界のフェスティバルゲート内にて、新たな試みが行われていたのを。

正直、私は知りませんでした^^;
フェスティバルゲートといえば、屋内遊園とSPAワールドだけかと
思ってました。

新世界アーツパークとは、大阪市が主催し、
市民が真に誇れる文化都市を目指すため、将来を担う若い人材のサポート、
未だ評価の定まらない実験的な活動の支援を行うために、
これまでの文化施設の概念にとらわれない、機動的で専門的な芸術拠点として
フェスティバルゲートのスペースを活用し展開している事業の事だそうです。

今現在、6つのブースから成り活動しているようで、
それぞれは以下のとおりです、



Art Theater dB…
 ダンスの持つ、身体感覚を磨き、感性を育み、創造力や創造力、表現力を
 養う力を、公演やワークショップの企画制作、国際交流事業の実施などを
 通じて、社会に活かしていこうと考えているそうです。
 ダンスを見ることや踊ることが、コミュニケーションにとって大切であり、
 そのことが感性豊かで創造的な社会の形成に繋がると信じ、
 活動の輪を拡げられているそうです。

ДaЧa…
 [ダーチャ]とは、ロシア人が農作業をしながらのんびり過ごす、週末の
 別荘の事らしく、「本」をテーマに、訪れる人に豊かな時間を過ごして
 もらうべくスペースを提供されているそうです。
 メンバーが集めたユニークな本屋や雑誌を読んだり、ティータイムを
 過ごせたりできるそうです。

BRIDGE…
 音楽である以前の、「音」そのものにフォーカスを絞り表現を探求する人達、
 ポップのフィールドにも多角的な方法論を持ち込んでいる人達、
 「音」を使いあらゆる表現形態を模索する人達、
 それら未知の世界を探求する音楽家達を繋ぎ、鑑賞者達を導く、
 実験的コミュニティースペース。

cocoroom…
 「こえとことばとこころの部屋」、「詩」を軸に、表現力を高め、新しい
 市場の開拓をされているようで、舞台とライブラリを常設し、
 アートマネジメントスタッフの育成を含め、自由なスペース展開を
 目指されているそうです。

spica record…
 インディーズバンドの音源やグッズを販売されているそうです。
 ライブ会場等でしか手に入らないような、普通のレコードショップとは
 違う個性の集まる、ほとんどが試聴可能な「音の資料室」だそうです。

remo…
 映像やコンピュータなどの”メディア”を介したコミュニケーション・・・
 記録することや個人的な表現を行うことが、広く普及していく傾向の中、
 それらの周辺の様々な動きに、多方向からアクセスすることのできる
 インフォメーションセンター機能を持つスペースだそうで、
 それらの動きを促進するためのプロジェクトでもあるそうです。

私はどれも興味があり、とくにremoはかなり興味ありです。
近々、行ってみようと思っています。
ご覧の方で興味のある方、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

SAPのHPへ
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/80-f1b6552c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。