とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
いやー、マスコミではすっかり不良?建築物関連の報道一色ですね。

昨日・今日と某社長がのこのことTVに出てきてフィーチャーされる始末。正直、私はあの人にああだこうだ言ったところでなんの解決にもなりゃしないのにと思ってしまうんです。

確かに、建築主として責められる部分はあったところで、あの人は会社の社員達の監視や道義を説く事はできても、実際に見過ごした?ぐるだった?何をしているか分からん状況にあって、あの人を責めたところで、あの人を吊るし上げた所で、実は何の解決にもならないような気がします。

会社の長として、効率的に仕事をさせよう・儲けろ・他に負けるなとか色々あったでしょうが、それも、昨今のデフレ傾向で何をやっても・どれだけ技術力があっても、結局、価格に訴える・価格しか見ようとしない消費者の世界の中では、いつか・どこかで手を抜くとかそんなぼけた方向に走ってしまうような気がします。

だからといって、報道されている現状を擁護するつもりはありません。

ただ、いい加減、安直に価格に訴える・求めるこの構造に終止符を打たないといつか破綻の道を辿る事にならないかと心配なんですね。建築業界に限った話ではありません。ありとあらゆる業界でもその要素はあると思います。

みなさんならどっちを選ぶのでしょうか?

 安心感を得る代わりに、それなり・それ以上の価格。
 必要最小限の安心だけど、価格は割安。

うーん、物によるか?^^;

PS:
 そういえば、すっかり石綿の話題を耳にする事が減りました。
 今回の問題意外にも、日本の建築には問題や矛盾が山積している
 のでしょうか?本気でこれら問題に着手した日にゃ、
 国が破綻するくらいの問題なのでしょうね?・・・

Blogランキングに参加中。気が向いたら、
左の画像をクリックしてくれると嬉しいです。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

ケンチクって・・・

建築基準法の第一条には以下のことが謳われています。

「この法律は、建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、国民の生命、健康及び財産の保護を図り、もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする。」

つまり、某建築士が犯した過ちは国が定めた最低の基準の、更に性能の低い建物の設計ということになります・・・。

ちなみに、某建築士が同基準法違反によって罰せられる場合の根拠条文は法第101条に書かれていますが「50万円以下の罰金」に処せられるそうです。
  1. 2005/11/24(木) 23:15 |
  2. URL |
  3. まっしゅ #tpO7sYCo
  4. [ 編集]

仕事というのは・・・

そこに理念がないとあきまへん・・・
なんのためにやるのか・・・
だれのために・・・
なににやくだてるために・・・
じぶんのために・・・
こういうことを忘れた瞬間から堕ちていきます・・・
かつて・・・ワタシも一度堕ちかけました・・・
バブルという時代と若さで・・・
でも・・・なんとか踏みとどまりました・・・
人間というのはある時・・・その瞬間に・・・
方向転換する強い意志がなければいけません・・・
彼はそれができなかったのでしょう・・・
これは誰にでもおこりうることだと思います・・・
企業も個人も理念なき人間はあきまへん・・・
今一度認識しようではありませんか・・・
  1. 2005/11/25(金) 11:49 |
  2. URL |
  3. k@tti #-
  4. [ 編集]

Re:社長がでてきた所で・・・

まっしゅさま>>情報ありがとうございます。しかし、50万円以下なのですね。意外に安い?ですよね。これに限らず、日本の刑法の罰金って安いって思えるものが多いですよね?制定された時代を考慮して、そこからの比率・時価制度にすればいいのにと思ったりします。

かっちさま>>おっしゃる事ごもっともです。至極当然な事と思います。しかしながら、人間、一般的な倫理観を持ちながら、いつの世もその倫理観から逸脱する問題が、ごろごろ。分かっていてもそうせざるを得ない、この世の中自体なんとかしないとと、思ったりします。
  1. 2005/11/27(日) 08:11 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/861-2c18e8eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。