とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
ウィンドウズ95の登場で、爆発的に普及したPC。あのOSの発売で、それまでマニア用、業務用としてしか存在し得なかったPCが、一般ユーザーに広く普及し得なかったでしょう?
当時、一般的な記憶メディアはフロッピーディスクぐらいでしたね。ウィンドウズ3.1やエクセルなどをいちいちフロッピーディスクでインストールしていた時代が懐かしいです^^;

その後も技術は進化し、CD-ROMが登場し、CD-RやRWが登場。MOやSuperFD、ZipDisk等々も。そして時代はさらに進み、DVD-ROM、DVD-Rなども。
おかげで大容量のメディアでもコンパクトになりました。考えりゃ、一般的なCDの容量は640MB。フロッピーディスクにして640毎分です^^;もし、フロッピーで進化が止まってたとしたら・・・ありえないです^^;

そんな、CDやDVD。みなさん、それらメディアの寿命ってどのくらいかご存知ですか?やっぱ、半永久ってお思いの方が多いのではないでしょうか?実はそうではないらしいです。いわゆる、商品として販売しているCD等は寿命はそれなりらしいですが、自身で購入・書込みしたものはそんなにもたないらしいです。下手すりゃ5年もしくはそれより短い期間で寿命がくるとかこないとか?CDだからDVDだから安心だってたかをくくっていると使い物にならなくなっている事もあるのでご注意を。

そんな大容量記憶メディア。メーカーや生産国でも優劣の差があるようで、安いに越した事はないですが、安けりゃいいってものでもない様です。必ずしもそうでないですが、国産のメディアは信頼性が高いようですね。この辺の情報はCD-R/RW・DVD・寿命等のキーワードで検索すれば情報はわんさか載っております。皆さん、参考にしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、寿命を延ばすためには以下のようなことに気をつけなければならないようです。

1.メディアを極力、日光に当たらせないようにする。
2.温度、湿度も重要なので気をつける(低温・低湿が理想的)。
3.極端な温度の変化は×。
4.CDの収納ケースに入れる方がいい。
5.CDは裏より表のレーベル面の方が重要、表を傷つけない・指紋をつけない・ラベルを張らない。
6.レーベル面に字を書くときは柔らかいペンを使い、傷つけないようにする。
7.メディアを持つ時は内側の穴と、外側の端を持ちましょう。

だそうです。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

商品でも

曲げの力が加わったりすると、劣化が激しくなるみたいですね。
アメリカのおばあさんが、CDが市場に出だした頃購入したCDに雑音が入るって嘆いてる新聞を読みました。
50年ぐらいが目途でしたっけ?

今年もますますよろしくおねがいしますー!
  1. 2006/01/05(木) 14:12 |
  2. URL |
  3. ササヲ #-
  4. [ 編集]

そういえば電機やさんで、外国製のCD-Rはトラブルが多いと言っていました。でも、DVDももたないのだったら、永久保存したりするのは無理があるのかしら。子供の成長記録が残せないのは残念だわ。
  1. 2006/01/05(木) 20:12 |
  2. URL |
  3. daisy #-
  4. [ 編集]

まあ!そうだったのですね。私も車に載せていたCDの表面が1年足らずで剥がれてきたことがあります。そりゃ、収納しないし高温だし、温度の変化も激しいし、わざわざ劣化させていたようなものですね。ありがとうございます。今度から気をつけます。
  1. 2006/01/05(木) 21:35 |
  2. URL |
  3. yuki #-
  4. [ 編集]

そんなに短い寿命だったのですか…想像以上に短いです!

ところで、年末にipodに入れようと思って手持ちのU2のCDをPCに入れたら、ひゅんひゅん…鳴ったあと、バリバリ・・・てな音が。。。
CD半分に割れてました。(^^ゞ
入れ方が悪かったんですね。。。
寿命以前に、丁寧に扱うくせをつけねばなりません。

さて、遅ればせながら、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2006/01/05(木) 22:34 |
  2. URL |
  3. rivrav #-
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます

本年もよろしくおねがいします

カッセットテープより短いんでんなあ
ありがとうございます
  1. 2006/01/05(木) 22:38 |
  2. URL |
  3. guroro #-
  4. [ 編集]

Re:半永久ではない・・・(1)

ササヲさま>>市場に出回った頃のCDは、今のものより耐久性が低いのかもしれませんね?

daisyさま>>外国製品は粗悪なものが多いようですね?だからといって使えないわけでもなく、ちょくちょく確認して複製をとるなどしてれば、別に問題はないかと思います。

yukiさま>>1年で劣化させましたか?かなりのつわものですね?^^;レコードよりは扱いが容易でも、大事に扱ってあげましょう!
  1. 2006/01/06(金) 11:18 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

Re:半永久ではない・・・(2)

rivravさま>>割っちゃいましたか^^;寿命に関しては、メーカーや扱い方で大きく差が出るようです。ま、これはどんなメディアや製品に関しても言える事ですが、少々耐久性があるからといって、粗悪に扱うと良くないのでしょうね?

guroroさま>>磁気メディアと光学メディアの違いだと思います。ま、どちらも半永久では無いという事です。
  1. 2006/01/06(金) 11:22 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

ネー(´・д・)(・д・`)ネー

外付けハードディスクってのは大丈夫なの??
  1. 2006/01/06(金) 11:55 |
  2. URL |
  3. k@tti #-
  4. [ 編集]

Re:半永久ではない・・・(3)

k@ttiさま>>この世のもの全て永久なんて事はありませんが、外付けHDはCDやDVD等の光学メディアより、はるかに耐久性や信頼性が高いと思います。ただ、HDも弱点が多く携帯性の高い小形な物を安直に扱っていると、何かある可能性は否めません。ま、そう簡単に壊れることはないでしょうが。ブログ道場でもその辺のレクチャーしてもいいかもしれませんね?
  1. 2006/01/06(金) 12:12 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

ふむふむ・・・

なるほど・・・ありがとです♪
  1. 2006/01/07(土) 04:07 |
  2. URL |
  3. k@tti #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/916-95033047
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。