とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ
なんとも仰々しい名前。

財団法人省エネルギーセンターが、省エネ型製品普及推進優良店として、大規模家電販売店90店舗、そして、中小規模家電販売店18店舗を発表。その中から、特に優秀と認められた店舗に対して、

 ”環境大臣賞”
 ”経済産業大臣賞”
 ”省エネルギーセンター会長賞”

の表彰も発表しました。
環境大臣賞に
 ”ヨドバシカメラ マルチメディア東急上大岡店”

経済産業大臣賞に
 ”ビックカメラ札幌店”

などに送られるそうです。
ううむ、賞の名前から察するに、省エネを推進する製品の普及に貢献している店舗を表彰しているのでしょうが、いささか疑問が^^;。

ヨドバシやビックは誰もが知る大規模店舗。大阪だけで言えば、ヨドバシなんかは、店舗も広大でディスプレイ数は並ではありません。しかも、中小店舗に比べ照明は異常に明るく、稼動しているサンプル数も並ではありません。空調も行き届き、省エネもへったくれもなさげな感じ^^;

一体どのくらいの電力消費量なのかと思ったりもします。単なる、家電販売店としては、至れり尽くせりで?優良と思いますが、その店舗の省エネは?ま、省エネ製品の推奨を表彰するのであって、店舗の省エネを表彰する訳でもないから、いいっちゃあいいのですが、この矛盾する仕組みそのものが、現在の省エネの実体を如実に現しているような気がしてなりません。

くれぐれも、共に否定している訳ではありません。省エネと言う言葉だけに注目しての意見なので、あしからず。
スポンサーサイト
ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


 設定するとそのコメントのみ再編集できます。
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://actioncockpit.blog11.fc2.com/tb.php/938-5cda081e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。