とある開発者・街歩き探検隊隊員の日常

2017/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/08
CATEGORY : スポンサー広告
--/--/--(--) --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページの先頭へ


画像はクリックすると大きいサイズで表示されます。

さて、上記の写真は、ついこの前、某所でたまたま撮影した、夕焼け空です。

私、結構、夕焼けの質感が好きです。見ているとなぜだか、目頭が熱くなってくるんですね^^;撮影したのは某コンビニの駐車場での撮影だったので、目頭が熱くなるのをこらえてましたが、一人で夕焼け空を見ていたら、多分、半泣きになっていたかもしれません^^;

不思議なのが、朝焼けを見ると逆に”おりゃーーーーー!”って気持ちが高ぶるんですね^^;

いずれにせよ、朝焼け・夕焼けの色彩感がすきなんです。

Blogランキングに参加中。気が向いたら、
左の画像をクリックしてくれると嬉しいです。
ページの先頭へ
今回も番外です。前々から気になっていて、最近、ようやく行けました。

その名も”養老天命反転地”。



ご存知の方も多いことでしょう?特に、芸術関係の方、建築関係の方はご存知ではないでしょうか?

行ってみての感想は、とにかく”すごい”の一言でした。

そもそも、養老天命反転地は、現代美術家荒川修作と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズのプロジェクトを実現したテーマパーク。約18,000m2の園内には、メインパビリオン「極限で似るものの家」とすり鉢状の「楕円形のフィールド」が。「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割したパビリオンが点在するほか、148の曲がりくねった回遊路や、大小さまざまの日本列島が配されます。

まず、最初に現れるのは、”養老天命反転地記念館”。


面白いのは、天井と床に配置されている迷路?は、鏡で映したかのように同じにレイアウトされていること。なんとも奇妙な空間です。
【“好きな景色(番外):養老天命反転地”の続きを読む】
ページの先頭へ
ちょっと、横道それて最近、好きになった景色を紹介します。


”うだつ”

あの”うだつの上がらない”の”うだつ”です。これを知ったのは、松屋町探検隊にてオダギリ氏に教えてもらったのがきっかけで、その意味は

元来、防火壁として造られたもので、当時の裕福な家では競ってこの「うだつ」をあげた立派な家をつくりました。つまり、うだつを作れる家は裕福な人しかあげれない。

という事らしいです。

で、知らなかったことを知ってしまうと、おかしなもんで何かにつけて、うだつを探すようになってしまいました^^;

で、探検隊以来、発見したうだつのなかで、今のところ最強のうだつと思っているのが、以下のうだつです。

・徳島県美馬郡貞光町の二層うだつ

いやはや、なんとも豪快な”うだつ”ですね。ここのうだつは2層になっています。


2層だけならまだしも、装飾等もなかなかで、かなりいい景色でした。また、通りに面した家々すべてにうだつが上がりまくりで、当時はさぞかし繁栄していた事が容易に分かります。

>>補完写真

ということで、求む!うだつ情報^^;ここにうだつがありましたとか、そういう情報あったら教えてください。
ページの先頭へ
第2回目は、”単線の景色”です。

単線じゃないと、何故かわくわくしない私です^^;
その運行ダイヤ故の、のんびりとした時間軸、単線は大概、田舎にあるし、そんな要素が重なり合って、私を夢中にさせるのか?

1.JR参宮線:二見町某所


確か、伊勢・安土桃山文化村に行く際に、ついでに立ち寄ったと思います。ずーっと、ほぼ直線の所なので、線路の消え入る景色に見とれてたような気がします。海外のそれに比べると規模が違うのでちょっと現実的な部分もありますが、あの向こうはどうなっているのだろうと、勝手に想像するのが好きです。

2.樽見鉄道(岐阜県):織部駅




なんとものどかです。緩やかなカーブから、列車が出てくるのがなんとも味があっていいです。都会の列車と違い、両数が少ないので聞こえる音も心なしか?心地良くていいですね。

単線は、先にも述べたように、田舎にあるため、必然的に景色の良いところを走るところが多いですね。一駅ひと駅降りながら、散策してみるのも結構いいです。
ページの先頭へ
みなさん、今年のGWはいかがでした?どこに行きました?
私は、それなりにどこかに行き、それなりに仕事でした^^;

わたしはGWに限らず、ちょくちょくどっかに行ってます。特に、あてもなく、ただ、この辺に行くか?って決めて、現地に着いてから行くとこ決めるって感じで楽しみます。
そんなうろつきかたですが、それでも、なんだかんだいって何かしらいい景色にめぐり合えるもんです。

そんな、ぶらっと好きな私、特にこれが見れたら嬉しいと思える景色があります。しばらくはそれをすこしづつ紹介したいと思います。

で、第1回目は、”棚田”です。

さすがに”棚田”はご存知ですよね?要は田んぼがいっぱい集まっていると思ってください^^;
なんで好きなんでしょうね?よく分からないんですが、見ると何故かときめくんです。

そんな棚田、何ヶ所か行ったんですが、デジカで残してたのは3ヶ所です。

1.石川県富来(とぎ)町の棚田


この棚田、火サスで有名な?ヤセの断崖の近くにあります。結構、理路整然と作られた棚田です。


【“好きな景色(1)”の続きを読む】
ページの先頭へ
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。